英語学習は日本人の気構えが本当に「日本人なんだから英語なんて使わないよ」というものだった頃からずっと流行っていて、現在もやっぱりそうだし、この流行は終わりがないものなんだろうかと思います。最近では会話力に注目する人も増え、ますます英語学習に対する目線は熱を帯びていきそうです。

でも、この辺は学びの場を提供している会社が訴訟になったり、そこまでいかなくても悪評が聞こえてきたり、いつもずっと難しかったように思います。英語学習の流行がミーハーな興味だけから始まってしまっていて、本当にいい先生を見つけるのは難しく、前時代的な英語学習の頃からの課題すら日本人がちゃんと消化してこれているとは思えません。

だから、単に紙面の英文を読んで訳すことすらまだそんなにいい方法が皆分かってはいないレベルなのに、外国人と同様に喋ることが目標の会話だなんてこなせるのかなと思います。出来ることを増やしていくのはいいことだから英語力は身に着けたいけど、やっぱりいい先生を見つけて、しっかり落ち着いて実力をつけられればいいのにと思います。http://www.theyemenisalon.com/column/point-mile-tigai/