私の趣味はカメラをいじることです。
一眼レフカメラはNIKONのD5200とCANONの7Dmark2を所持しています。アクションカメラはRICOHのWG-M1で、さらに今話題のVR撮影ができる360度カメラTHETA S(RICOH製)を使用しています。フィルムカメラも手作りの簡易2眼カメラとCANONのコンパクトカメラがあります。
一般的に写真が趣味というと撮って表現することだと思いますが、私はカメラの「メカ」的なところに心惹かれるため正直作品が上手なものではありません。しかしそれぞれのカメラには技術者さんの知識と技術が詰まっており、どのカメラも撮影する瞬間は楽しくて仕方がないです。特に感動したのはRICOHのTHETAです。TEHTAはまず見た目が愛くるしいです。写真撮影が趣味だとはっきり自覚したのはこのカメラのおかげです。ボタンを一度押すだけで周りに見えている景色が全て撮ることができるもので、セルフィー用の棒や三脚を使っての高い位置からの撮影や地面に立てて下の位置からの撮影等さまざまな角度から同じ景色を全く違うように見せることができます。友人と遊びに行くときは必ず持ち歩きますが、全員とても興味をもってそこから話題づくりができます。最近出たかめらなだけあり、アプリとの連携機能やYOUTUBEでの360度表示対応等の開発がリアルタイムで進められて飽きないです。他のカメラも同様に日々新しい発見があったり、友人や知人との話のタネになったりとわくわくできます。
一つ難点をあげるとすると、一眼レフは肩こりの私には気軽に持ち運べるものでないことです。しかしこんなに楽しい趣味を見つけられて私は幸せです。http://www.foosquare.com/vio-datsumo/