出金税金の中和税率やり方に反発。再度序説の正邪を相談やる

つい先日、安部首相から、平成29階層4月につもりされていた利用租税増税の順延がPRされました。これに伴って、節減税率体系の序説も順延されることになります。
こういう節減税率体系は、いっけん民衆にとって喜ばしい体系のように見えますが、実はスゴイ体系なのではないかと思っています。
まずは何と言っても、意味型式のラインが甚だ辛く、毎年の税制改定の際に、一般組織が政治うちに陳情コンペティションを進めることが目に見えるということです。政治と稼ぎの心配が、もっと深刻化することになるのではないでしょうか。
次に、中小零細事を営んでいる店の所々の動揺が恐ろしいということです。レジの交換による費用的な動揺はやはり、日々の明記事業も複雑になります。もしかして、これによって税理士の本職が重なるのかもしれませんが、肝心の税理士の組織(税理士会)は、節減税率に断固あべこべの体位をとっています。租税のマスターが、自分たちが儲かるかもしれない体系に反対するということは、必ず手落ちの残る体系ですと思います。
そのほかにも、人前裏付けのための財源が却ってなくなるということなど、各種問題があります。この際、節減税率体系の序説の善悪をもっと論議やるものです。http://xn--eckr4nmbzet23wol1b.xyz/